任意整理で借金を減らすことができます

任意整理とは借金を減らす手続きのことを意味します。

 

これによって、毎月の支払い金額や利息、損害金などが減免されます。
は己破産や個人再生と違い、裁判所などの公的機関を利用せずに手続きをすることができます。

 

裁判所に行く必要がなければ、精神的な負担が軽くなるでしょう。

 

自分で手続きをするのは大変ですから、弁護士や司法書士に依頼すると良いでしょう。
依頼した弁護士や司法書士は、法律に基づいて借金の総額を確定します。

 

依頼人の収入の中から3年〜5年程度で返済できる見込みがある場合、任意整理を選択します。

 

なお依頼するにあたり、きちんと全ての借金について打ち明けることが大事です。
一部の借金について隠し立てするようなことはしないでください。

 

弁護士や司法書士が任意整理の手続きをするわけですが、どのような流れでどのような手続きをするのでしょうか。

 

まず、依頼人が契約している業者に受任通知書を送ります。これによって借金の取り立てがストップします。
次に取引履歴を取り寄せて、法律に基づいて引き直し計算というものをします。

 

これによって2割〜3割も借金が減ることが多いです。

 

その業者との取引期間が5年以上の場合、借金がなくなることもあります。いったいどういうことでしょうか。
過払いの金額が大きかったと判明したことにより、借金がなくなるというわけです。

 

逆にその業者から払い過ぎたお金を取り戻すことができたというケースもあります。

 

借金が減らせる方法とは

借金の返済にお困りの方は、どうやって返していこうか頭を悩ませていることでしょう。

 

生活を切り詰めたり、他社からの借り入れを返済に充てているという方もいるかもしれません。
しかし、そんなことをする必要はないのです。

 

実は、自分の生活を苦しめることなく法的に借金を減らすことができる方法があります。

 

その方法が任意整理です。任意整理は、弁護士もしくは司法書士に依頼をして、債権者に借金減額の交渉をしてもらう方法です。
これにより、将来的な利息のカットが期待できます。

 

利息は返済における最大の負担であり、返済が遅れるほど負担も増えていくため心配な点でしょう。

 

しかし、それがなくなるとなれば少し楽になるでしょう。
任意整理自体は法律家にとって難しい問題ではありませんが、利息のカットの有無は債権者の任意であることを理解しておきましょう。

 

そのため、実績と信頼のある法律家に依頼することをお勧めします。

 

また、利息をカットしてもらった上で返済をしていくことが目的ですので、全ての人が利用できる手段ではありません。
あくまでも収入があり返済できる状態の人が取ることができる手段です。

 

もしも収入がない場合は他の方法もあるので、そちらを検討することになりますが、いずれにしても法律家へ相談することが勧められています。

 

そして、交渉後は原則として3年間、最長で5年間で完済することが条件です。
これを守れないと整理をした意味がなくなるので注意してください。

 

気になる任意整理の費用

借金が返せなくなった時に考えるのが自己破産、個人再生などです。

 

また任意整理があります。ただ気になるのは費用面です。
債務整理を利用したいという方ですので、経済的に苦しい方がほとんどです。

 

もちろん様々なケースがあるので一概には言えませんが、大体の相場はいくらでしょうか。

 

任意整理をする時は、弁護士や司法書士に頼む形になります。
インターネットを調べていると複数ヒットしますが、その先生によって強い分野は違ってきます。

 

債務整理に関して強い方を選ぶとより安心です。

 

大体の相場は1社につき3万円前後ですが、業者によって違いますのでしっかりと確認しましょう。
分割払いを許可してくれるところもありますので、まとまったお金が準備できない方も相談してみると良いです。

 

そして成功報酬が大体10万円前後です。

 

複数のカードローンを債務整理するとなると、1社ごとで計算される事もありますので、その点も確認しましょう。
任意整理というとブラックリストに載ってしまうため、ためらってしまう方も多いかもしれません。

 

けれど載っている期間は約5年で、一生というわけではありません。

 

それより利息分がカットすることができますので、前向きに利用を考えたい制度です。
ただ、利息分でカットできても、元金が減るということではありません。

 

また、まずは自分がどの債務整理をすると良いのかを見極めていかないといけません。

 

困っている方は、そういう点も先に弁護士や司法書士に相談すると良いでしょう。