大阪で医師求人を見つけるときのポイント

転職を考えているときに同じ県内を検討していたのですが、少し視野を広げて周辺地域まで見てみると大阪に多くの求人があることが分かりました。さっそく、大阪で病院探しをしてみると、魅力的な年収でちょうどよいスキルの病院がすぐに見つかり、新しい仕事もすぐに決定しました。私が研究しつつ、練習してきた手術のスキルが生かされる病院を院長から勧められたのが転職のきっかけでした。

 

既に20代の若い医師に色々と引継ぎができていたこともあり、もっと医療の現場で貢献できるようにとよい情報サイトも教えてくれました。求人サイトを見ていると魅力的な仕事は多いですが、私のできる手術を必要としている病院がなかなかなく、大阪にはその病院がありました。少し地域が離れてしまいましたが、転職の間のラグも1週間で済み、すぐに現場で働けるようになりました。

 

転職までの間、何度か派遣として転職予定の病院に行かせてもらい、現場の仲間とも少しずつ仲良くなれました。スキルの高さはとても重要な現場だったので、それまで働いていた職場で身につけさせてくれたことはとても役に立ちました。看護師との連携がいち早くできたので、手術を任されるときにもスムーズに仕事ができました。

 

大阪には求人の数が非常に多く、どこを選ぶか迷ってしまいそうでしたが、自分のスキルを限定して売り込んでいたのでそこまで面倒な手間はかかりませんでした。得意分野で勝負して転職したので、転職先でも他の医師との人間関係を崩すこともなく、落ち着いた現場で働けています。私のスキルがあることで病院を頼る患者も増えたようで、地域に貢献できている実感が持てるのもうれしいポイントです。

 

大阪にある病院でも外来や病棟管理のできる医師は求人募集が多いです。アクセスが良い病院も多いため、訪れる患者の数も多く、医師には臨機応変な対処が求められます。外来は特に需要が高いので、アルバイト感覚でアルバイトに絞って仕事に入るのもよいでしょう。外来は医師にとっては単調な仕事になることも多く、専門的なスキルよりはバランスの良いスキルが求められます。

 

本当に救急の場合は救急搬送されてくるため、リスクも少ない仕事です。病院としては、患者が最も多く訪れる場所として手が抜けない場所ですが、医師がその負担から敬遠するため人材が足りなくなってしまいます。高くバランスよくスキルを持っている場合には、外来で働くのも魅力的です。若い医師の経験の場としてもおすすめです。

 

大阪は入院もできるような大きい病院も多いですが、やはり人材が足りていない問題があります。そのため、派遣やアルバイトのような感覚でもスキルのある医師に病棟を任せようとする場合も多いです。その給与も1日10万円から25万円とかなり魅力的な仕事が多いため、あえて病棟管理だけをあちこちの病院で請け負うのもよいでしょう。

 

自分で仕事の仕方を決めたい医師にとってはそうした働き方も魅力的です。リスクもそこまで大きくはないので、多くの患者に触れて経験を積みたい場合にも良い選択肢です。収入も十分得られるので生活を犠牲にすることもないでしょう。医療サービスとしては需要と供給を満たせるので欠かせない働き方でもあります。

 

外来や病棟管理は専門スキルをすでに持っている医師がやっていても人材の無駄遣いになってしまいますが、若い医師やブランクのある医師にとっては絶好の挑戦と復帰の場です。多くの患者を診ることになるので、転職前にある程度経験が必要ですが、自身の知識と能力を身につけるためにも役立つ現場です。

 

スキルは経験に基づいて高まっていくので、どんな医師にとっても欠かせない通過点でもあります。経験豊富な医師でも時々は外来などをしながら力を磨き続けないといざというときに力を発揮できません。感染症が流行りだす時期には特に外来でのチェックは社会的にも求められていることです。大阪で病院を探す時には外来でも甘く見ずにじっくりと検討してから決めるようにしましょう。